だしを上手く料理に使ってみよう

だしは、料理の調味方法の一つです。とくに、和風のものが多くあります。しかし、色々な料理に使うことが出来ます。最近では、簡単に使うことが出来る粉末状にしたものがもあります。ですので、気軽に使うことが出来ます。だしが、あるとないとでは全然違います。味の、深みや風味が大きく変わっていきます。ですので、大事にしていきたいです。最近では、減塩としても注目されています。減塩は、健康に良いです。とくに、高血圧の人や腎臓が弱い人などに推進されています。日本人は、塩分を取りがちです。やはり、昔からある日本料理にはしょうゆやみそが使われます。また、漬物などにも多く塩分が入っています。減塩になりますと、味が薄くて美味しくないという感想を持つ人もいます。しかし、だしなどを上手く使えば上手に減塩することが出来ます。

だしに関する活用方法

だしに関しては、日本料理における味のもととなっており、代表的なものは、鰹節やコンブであり、その他にシイタケや野菜、魚の粗や煮干しなど色々な種類があり、料理においては甘、酸、苦、鹹による味覚のほか、肉や野菜、キノコや海藻より抽出しているうま味を加えていくために用いられています。うま味成分である呈味性に関するアミノ酸や核酸や栄養を含んでおり、また香りも与えており、なお、食文化によってそれぞれ存在していますが、これらにおける材料としてグルタミン酸やイノシン酸、グアニル酸などを含んでいる食材が利用されており、なおこれを粉末状にしているだしの素などによる製品もあります。また、日本料理においては、これらは基本的な味の一つとなっており、日本料理においては主としてグルタミン酸によるコンブと、イノシン酸における削り節などによる魚介類やグアニル酸による椎茸などの組み合わせを使用して、煮たり乾物に水に浸した上で徐々に成分を抽出していく方法が用いられています。

だしは意外と簡単に取れます

子どもが生まれてからは塩分の多い顆粒だしに頼った料理はやめようと考えて、だしをちゃんと取るようになりました。さぞ面倒な作業なのだろうと構えていましたが、前日の夜に煮干しや昆布などを水に浸しておけば、次の日に煮立たせるだけで簡単にできました。もちろんとても美味しいです。こんなに楽に美味しくて出来るなんて、何だか拍子抜けした気持ちですらありました。煮干しの内臓や頭を取る作業もさぞ時間がかかって面倒なのだろうと思っていたのですが、してみたら大したことない作業でした。こんなに楽なら子どもが生まれる前からちゃんとしていれば良かったです。だしを取るのは大変な作業だと考えてしまっている人は多いはずです。でも、挑戦してみると意外と大した作業ではなく、美味しい和食が家で味わえるので、是非もっと多くの人に挑戦してもらいたいです。

「博多の幸うまだし」の定期購入承り中!定期購入なら30包1,555円(税込)送料無料です。 ギフト・贈り物にも対応しており、箱入りタイプであれば、のし・包装を承っております。 おとりよせネット ベストお取り寄せ大賞 だし・醤油・調味料部門2012金賞、2014年銀賞を受賞実績があります。 衛生管理された工場内でひとつひとつ丁寧に作業しながら製造しております。和食に限らず、万能調味料として洋食・中華にもおすすめです。